猫用非ステロイド系消炎鎮痛剤『メタカム』の個人輸入

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

メタカム(猫用)

猫の変形性脊椎症や変形性関節症、手術後に伴う痛みの緩和に使用されている唯一、猫用の非ステロイド系消炎鎮痛剤です。
Share |
メタカム(猫用)商品画像 
製品名 Metacam Cat Oral 0.5mg
製造元 Boehringer Ingelheim
主成分 メロキシカム0.5mg
内容量 15ml
付属品 計量シリンジ
関連薬 メロネックス1.5mg
Loxicom 猫用
分類 ペットの鎮痛剤
  • メタカム(猫の鎮痛剤) 特徴
  • メタカム(猫の鎮痛剤) 用法用量

猫の変形性脊椎症や変形性関節症、手術後に伴う痛みの緩和に使用されている、唯一の猫用非ステロイド系消炎鎮痛剤です。

メタカムは、ベーリンガーインゲルハイム社によって開発されたメロキシカムを主成分とする猫用の「非ステロイド系消炎鎮痛剤」です。

メロキシカムは数多くの非ステロイド系消炎鎮痛剤の中で唯一、アメリカのFDA(食品医薬局)が猫に使用を許可している成分になります。

主成分のメロキシカムは、変形性脊椎症や変形性関節症、手術後に伴う痛みの原因となる「プロスタグランジン」の生合成を誘導する「シクロオキシゲナーゼ2」を選択的に阻害し痛みを緩和します。

また、従来の非ステロイド系消炎鎮痛剤に良く見られる消化器官の障害や腎毒性の副作用が起こりにくい特徴があります。

疾患を根本的に治療するお薬ではないですが、メタカムで痛みを抑えることによって症状を効果的にコントロールすることができます。

メタカムを反復投与する際は5日間を限度とすること。また、必ず獣医師の指示に従って使用して下さい。

◎猫用鎮痛剤 メタカム(メロキシカム)が使用される疾病例◎
●変形性脊椎症
神経が障害を受ける病気です。痛みや麻痺と言った症状が現れます。

●変形性関節症
関節の膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、多くが炎症等を起こす痛みを伴う病気です。
高いところへ行きたがらなくなったり、ジャンプがあまりできなくなったりします。

●手術後に伴う痛み

メタカムを反復投与する際は5日間を限度とすること。また、必ず獣医師の指示に従って使用して下さい。

◎猫用鎮痛剤 メタカム(メロキシカム)が使用される疾病例◎
●変形性脊椎症
●変形性関節症
●手術後に伴う痛み

容器をよく振ってから使ってください。
メタカムの使用開始は、通常、体重1kg当たりメロキシカム0.1mg(6滴)を1日量として、1日1回経口投与して下さい。
2回以降は体重1kg当たりメロキシカム0.05mg(3滴)を1日量として、1日1回経口投与して下さい。

※必ず獣医師の指示に従って使用してください。
必要に応じて付属の計量シリンジを使って下さい。
※反復投与する際は5日間を限度とすること。

【メタカム注意事項】
●使用前に必ず健康状態を獣医師に相談して下さい。
●この製品は猫専用薬です。
●生後3ヶ月齢未満の猫への投与は極力避けて下さい。また、老猫・高齢猫には慎重に投与する必要があります。
●妊娠中、授乳中の猫には投与しないで下さい。
●ステロイド剤やほかの非ステロイド性抗炎症薬、アミノグリコシド系抗生物質、抗凝固成分などと併用しないで下さい。
●メタカムの使用前に抗炎症薬での治療を行なっていた場合は、使用前に獣医師の診断を受けさせ、ご相談下さい。
●投与期間中は猫の状態を観察し、異常が見られた場合は投薬を中止して下さい。

ページのトップへ戻る
ログインする