慢性・急性の筋骨格系疾患による炎症や痛みに働きます。- メロネックス(犬用の痛み止め)の個人輸入

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

メロネックス1.5mg

犬用の痛み止め。慢性・急性の筋骨格系疾患による炎症や痛みに働きます。メタカム(Metacam)のジェネリック薬です。
Share |
メロネックス1.5mg商品画像 
製品名 Melonex
製造元 Intas Pharmaceuticals Ltd
主成分 メロキシカム1.5mg
内容量 10ml / 本
関連薬 メタカム
Loxicom 犬用
分類 ペットの鎮痛剤
  • メロネックス1.5mg 特徴
  • メロネックス1.5mg 用法用量
  • メロネックス1.5mg ご注意

メロキシカム配合の犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤で、メタカム(Metacam)のジェネリック薬です。

メロネックス1.5mgは、 アリルプロピオン酸に分類される犬専用の非ステロイド系消炎鎮痛剤(骨関節炎鎮痛剤)です。
ベーリンガー社製メタカム(Metacam)のジェネリック医薬品になります。
有効成分「メロキシカム」が慢性・急性の筋骨格系疾患(関節炎、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼など)による炎症や痛みに働きます。

先発薬のメタカム(Metacam)と同様、シクロオキシゲナーゼ-2を選択的に阻害する非ステロイド系鎮痛剤で、高い消炎鎮痛効果が特徴です。

また、本剤は経口内服液(液体状)なので愛犬に投薬しやすく、食事に混ぜ合わせて与えることも可能です。
持続性があるのが特徴で、1日1回の投与で充分な消炎鎮痛作用を発揮します。
安全性の高さから長期使用も可能とされているお薬です。

◎犬の関節炎◎
犬の慢性的な痛みを引き起こす原因の多くは関節炎と言われています。
関節炎は放置しておくとどんどん症状が進行し、悪化していきます。
痛みを緩和しながら適切なケアを行うことにより、病態の進行を抑制し、症状を改善してあげることが必要です。

メロネックス1.5mgは、犬用の痛み止めです。
慢性・急性の筋骨格系疾患(関節炎、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼など)による炎症や痛みの緩和に投薬されます。

◎犬用の痛み止め メロネックス1.5mg 成分◎
メロキシカム1.5mg (Meloxicam BP 1.5mg)

◎犬用の痛み止め メロネックス1.5mg 用法用量◎
使用前にしっかり本剤を振ってください。

[1日目]
●1日1回体重1kgに対してメロキシカムとして0.2mgを投与します。
(初日は2日目以降の2倍の投与。)

[2日目以降]
●1日1回体重1kgに対してメロキシカムとして0.1mgを投与します。

※症状の改善が見られるのは通常3〜4日後になりますが、もし10日経っても改善が見られない場合は使用を中止してください。
※6週齢未満の犬や、妊娠中または授乳中の犬には投与しないでください。また、高齢の犬に対しての投与は獣医の指示の元に慎重に行ってください。

◎犬用の痛み止め メロネックス1.5mg 副作用◎
NSAID特有の食欲低下、嘔吐、下痢、潜血便、元気消失および腎不全。

◎犬用の痛み止め メロネックス1.5mg 飲み合わせ◎
下記の薬とは併用しないで下さい。
●利尿剤
●抗凝固剤
●アミノグリコシド系抗生物質
●ステロイド系炎症剤
●非ステロイド系炎症剤

また、愛犬が抗炎症剤を全投与している場合、副作用の発症や増強が生じる可能性がありますので、本剤の投与前に最低24時間は間隔を空けてください。

◎犬用の痛み止め メロネックス1.5mg 注意事項◎
●反復投与する場合は42日間を限度としてください。
●本剤の成分に対して過敏症のある犬には投与しないでください。
●動物用の処方薬です。獣医師の指示に従ってください。
●子供の手の届かないところに保管してください。
●直射日光・高温多湿の場所を避けて保管してください。

ページのトップへ戻る
ログインする