ハートガードプラスの海外通販・個人輸入代行

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  フィラリア予防薬  >  ハートガードプラス(おやつタイプ)  >  ハートガードプラス小型犬用 11kg未満 

ハートガードプラス小型犬用 11kg未満 

フィラリア予防薬の定番ハートガードプラス!食べやすいチュアブル(おやつ)タイプです。
Share |
ハートガードプラス小型犬用 11kg未満 商品画像 
製品名 Heartgard plus
製造元 MERIAL
日本名 カルドメックチュアブル(おやつタイプ)
主成分 イベルメクチン(IVERMECTINE)
内容量 6チュアブル(1箱)
関連薬 バーマックス小型犬用 11kg未満
消費期限 2019/8 (2017年4月時点)
分類 ハートガードプラス(おやつタイプ)
  • ハートガードプラス小型犬用 詳細
  • 用法用量/ご注意

ハートガードプラスは、フィラリア幼虫の駆除によるフィラリア予防薬です。

ハートガードプラス小型犬用はフィラリア予防のために開発されたペット用の薬です。
現在もっとも人気の高いフィラリア予防薬の一つと言ってもよいでしょう。

ハートガードプラス小型犬用は、犬糸状虫の寄生を100%予防(フィラリア症予防)すると同時に消化管内線虫(犬回虫及び犬鉤虫)の駆除が可能です。

ハートガードプラス小型犬用は、嗜好性の高いビーフ味のおやつタイプのお薬なので、錠剤が苦手なワンちゃんでも簡単に摂取することができます。
なお、ハートガードプラス小型犬用は体重11sの犬まで対応可能。
犬種は問わず、どんな種類の犬でも使用し、効果をもたらすことができます。

犬を飼う上でフィラリア対策は絶対に避けて通れないものです。
もし感染してしまうと心臓病や肝臓病といった病気のリスクが飛躍的に高まります。
蚊を媒介にして感染する病気だけに、日常生活で対策を行っておくことが望まれます。ハートガードプラス小型犬用は手軽にその対策を行うことができる理想的な選択肢となってくれます。
フィラリア予防薬、フィラリア症について

●フィラリア予防について
フィラリア症は、蚊に刺されることによっておこる感染症の一種です。
犬にフィラリア予防薬を与える際には、既にフィラリアが寄生していないかの事前の血液検査が必要となります。
感染中にフィラリア予防薬を投与してしまうと、一度に多くのフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が駆除され、ショック状態に陥るためです。
最悪の場合は死に至るケース等もありますので、犬の体内でフィラリアが寄生しているかどうかをしっかりと確認しましょう。

フィラリアは、犬にとって脅威となる病気の1つです。
フィラリアのシーズンには、飼い主が責任を持って予防することが大前提です。

蚊の発生する時期の1ヶ月後から、蚊がいなくなった1ヶ月後まで毎月1回、犬の体重に合わせた量を飲ませる事により、フィラリア症からペットを守ります。
フィラリアは発見が遅れると死に至ることもある恐ろしい病気ですが、蚊が見られなくなってから1ヶ月後まで毎月フィラリア予防薬をきちんと飲ませていれば予防できます

基本的なシーズンは5月から12月頃といわれていますが、沖縄などの暖かい地域では、通年予防が必要になることもあります。

フィラリア症は、予防が最良の方法です。
飼い主さんの心がけひとつで、フィラリア症の拡散を縮小することができます。

飼い主としてペットの健康を守るのは義務です。
それもペットにできるだけ負担のかからない形で。
そんな難しい要望にこのハートガードプラス小型犬用は応えてくれます。

◎ハートガードプラスの用法用量◎
蚊の発生する時期の1ヶ月後から、蚊がいなくなる1ヶ月後までの毎月1回、体重に対応したチュアブルを1つ与えてください。

◎ハートガードプラスの使用上のご注意◎
●フィラリアに感染していないかを血液検査にてご確認いただいた上で、飲ませて下さい。
●生後6週間以上の子犬、妊娠中あるいは授乳中の犬に与えても問題ありません。
●イベルメクチンは蚊が媒介するフィラリアの幼虫(L3/L4)と成虫が産んだ幼虫(L1)を駆除しますが、成虫には効果がありません。
●この薬に限らずフィラリアの予防薬は成虫を駆除するものではありません。

フィラリア症って?

ページのトップへ戻る
ログインする