ネクスガードスペクトラ11.3 超小型犬 2〜3.5kg

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  フィラリア予防薬  >  ネクスガードスペクトラ  >  ネクスガードスペクトラ11.3 超小型犬 2〜3.5kg
ペットのお薬 TOPページ  >  ノミ・マダニ・ダニの薬  >  ネクスガードスペクトラ  >  ネクスガードスペクトラ11.3 超小型犬 2〜3.5kg

ネクスガードスペクトラ11.3 超小型犬 2〜3.5kg

フィラリア症、ノミ・ダニ、消化管内線虫類をこれ一つで!ネクスガードの改良版が新登場!
Share |
ネクスガードスペクトラ11.3 超小型犬 2〜3.5kg商品画像 
製品名 NexGard Spectra Chewable Tablets For Dogs (2-3.5kg)
製造元 MERIAL
日本名 ネクスガードスペクトラ11.3
主成分 アフォキソレイナー 9.375mg、ミルベマイシンオキシム 1.875mg
内容量 3錠 / 1箱
分類 ネクスガードスペクトラ / ネクスガードスペクトラ
ネクスガードスペクトラの特徴
  • ネクスガードスペクトラ11.3 詳細
  • 用法・用量/副作用
  • 注意

ノミ・ダニ駆除に新しくフィラリア予防効果が加わったネクスガードの改良版が新登場!

新しいネクスガードスペクトラは、犬のノミ・マダニ駆除の有効成分であるアフォキソラネルに、 フィラリア予防薬の有効成分であるミルベマイシンオキシムを配合!
犬糸状虫症の予防、さらに犬回虫、犬小回虫、犬鉤虫及び犬鞭虫を駆除します。

1回の投薬でノミマダニ対策と、フィラリア対策を同時に予防、駆除することが可能となりました。

また、錠剤タイプではなく牛肉風味のチュアブルタイプなので、愛犬もまるでおやつのように、食いつきが良いとされています。
販売元のメリアルの実験では30頭中、27頭の犬が好んで食べたと好評されています。

■ネクスガードスペクトラの特徴
・1回でノミマダニ、寄生虫ケアが可能!
・ノミは6時間以内に予防駆除!
・マダニは24時間以内に予防駆除!
・フィラリア、犬糸状虫症の予防駆除!

◎ネクスガードスペクトラ11.3 超小型犬 2〜3.5kg 用法用量◎
体重1kgあたりアフォキソラネル2.5mgおよびミルベマイシンオキシム0.5mgを基準量として、犬に与えてください。
なお、犬糸状虫症の予防には、毎月1回、1ヶ月間隔で蚊の発生1ヶ月以内から発生終息1ヶ月後までの間、犬に与えてください。
※ネクスガードスペクトラ11.3は、体重2〜3.5kgの犬用です。

◎ネクスガードスペクトラ11.3 超小型犬 2〜3.5kg 副作用◎
●副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。
●ミルベマイシンオキシムを犬糸状虫感染犬に投与した場合、元気消失、食欲不振、嘔吐、呼吸速迫、大静脈症候群などの症状が現れることがあるとの報告があります。
●アフォキソラネルを有効成分とする製剤を犬に投与した野外臨床試験において、因果関係は不明ですが、嘔吐がみられたとの報告があります。
●本剤の安全性試験および野外臨床試験において、因果関係は不明ですが、下痢および軟便がみられたとの報告があります。

◎ネクスガードスペクトラ11.3 超小型犬 2〜3.5kg 使用上の注意◎
【一般注意事項】
●本剤は獣医師等の処方せん・指示により使用してください。
●本剤は効能・効果において定められた目的にのみ使用してください。
●本剤は定められた用法・用量を厳守してください。
●犬以外の動物には使用しないでください。
●小児の手の届かないところに保管してください。
●直射日光を避け、なるべく湿気の少ない涼しいところに紙箱の状態で保管してください。
●使用済みの容器は、地方公共団体条例などに従い処分してください。
●誤って薬剤を飲み込んだ場合は、直ちに医師の診察をお受けください。

【ペットへの注意事項】
●本剤の投与前には健康状態について確認し、使用の可否を決めてください。
●本剤は8週齢未満の子犬、又は体重1.8kg未満の犬には投与しないでください。
●繁殖に用いる犬、妊娠中あるいは授乳中の犬に対しては、安全性が確認されていないため、使用を避けてください。
犬糸状虫感染犬に投与する場合は、成虫およびミクロフィラリアを駆除するなど適切な処置を行い、投与を行ってください。
●ミルベマイシンオキシムの試験において、コリー犬およびその系統の犬種は他の犬種に比べ、安全域が狭いことが示されています。これらの犬種に対しては、用法・用量を厳密に守るようにしてください。
●本剤投与前に必ず血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを確認した後、投薬を行ってください。
●本剤は、そのまま、あるいは餌と一緒に投与することができます。犬がよく噛んで摂取するように工夫して投薬することが望ましいとされています。
●本剤を犬が完全に摂取するまでの間、本剤の一部を摂取しなかったり無くしてしまわないように注意を払ってください。本剤を摂取しなかった場合には、再投与してください。
●本剤投与の2時間以内に嘔吐して本剤を完全に排出した場合は、本剤を再投与してください。
●本剤は、ノミおよびマダニに対し1ヶ月間駆除効果が持続することが確認されていますので、ノミやマダニの駆除を目的に継続投与が必要な場合は、これらの寄生虫の駆除効果が持続する期間を考慮して行ってください。
●本剤は、ノミに対し投与後30分で殺滅作用を発現し8時間以内に駆除することが確認されていますので、犬に寄生したノミが産卵する前に殺滅します。ただし、新たに犬に寄生したノミが8時間程度は犬の体表に認められることがあります。
●てんかん発作の病歴のある犬には慎重に投与してください。

ページのトップへ戻る
ログインする