有効成分ベトメディンジェネリックが僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に関連した症状を改善してくれるお薬です。

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  心臓病・血液の病気  >  セーフハートチュアブル犬用5mg

セーフハートチュアブル犬用5mg

僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に関連した症状を改善してくれるお薬です。
Share |
セーフハートチュアブル犬用5mg商品画像 
製造元 Sava HealthcareLimited
日本名 セーフハートチュアブル犬用5mg
内容量 1本/30錠
主成分 Pimobendan Ph. Eur. 5mg
関連薬 フォルテコール 2.5mg
フォルテコール 5mg
フォルテコール 20mg
ベトメディン・フレーバー錠5mg
ベトメディン・フレーバー錠1.25mg
ベトメディン・ハードカプセル5mg
分類 心臓病・血液の病気
  • セーフハートチュアブル犬用5mg 詳細
  • 用法用量/副作用/注意

僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に関連した症状を改善してくれるお薬です。

セーフハートチュアブル犬用5mgは犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に関連した症状を改善してくれるお薬です
効果の原理としてはベトメディンジェネリックが心筋の収集に必要なカルシウムを効率的に生体で利用させるように促し、心臓の収縮力を高める事で息切れや息苦しさを改善するという仕組みになっており、さらにホスホジエステラーゼという酵素の活性さえも抑える事が可能なので血管拡張薬として心臓への負担を軽減する事にも繋がります。

◎僧帽弁閉鎖不全症とは◎
血液を全身に送る側にある便を僧房弁といい、歳をとるにつれ僧房弁が変形したり上手く閉まらなくなり、血液が逆流することにより、血液の流れが一定でなくなる症状です

◎血液が逆流するとどうなる?◎
血液が逆流すると、血液中の水分が肺にしみだして肺に水が溜まってしまいます
そうすると、呼吸が出来なくなってしまいます
また、血液の廻りが悪くなりちょっとした運動でもすぐに疲れてしまいます。
ひどい場合には、脳貧血を起こすこともあります

◎心不全の改善!◎
心臓自体を治す事が難しく、手術も一般的ではありません。
普段から心臓に負担をかけないような食生活の改善、心臓の負担を軽くするような飲み薬の服用する事により、心不全の進行を遅らせることが出来ます。

◎心不全の薬は飲み続けることが大切です!◎
心不全の薬は、飲み続けることが大切です!
飲み続けることによって、咳を減らしたり、呼吸をするのを楽にしたりします
そうすることにより、食欲が出て、運動もできるようになります。

◎セーフハートチュアブル犬用5mgの用法用量◎
セーフハートチュアブル犬用5mgの用法用量は厳しく定められております
必ず犬の体重を計った上で、体重1キログラム当たりベトメディンジェネリック0.25ミリグラムを一日二回朝夕の12時間間隔で経口投与するようにしてください

◎セーフハートチュアブル犬用5mgの副作用◎
副作用としては、軽度の頻脈や嘔吐が見られることがありますので、使用後しばらく観察を行い体に異常が出ていないかを確認するようにしてください。
異常が見られた際には、直ぐに獣医の診察を受けてください

◎セーフハートチュアブル犬用5mgの注意◎
セーフハートチュアブル犬用5mgは強心薬としての効果しか有していないので、軽はずみな判断で使用すると最悪の結果を招く事になるので必ず使用する際には獣医の指示を受ける様にして下さい
体重が2キログラム以下の小動物には使用しない様にして下さい
妊娠していたり哺乳期の動物に使用すると安全性が確立されていないため、予期せぬ症状を発症させる可能性が高いので絶対に使用しないでください
ただし、やむを得ず使用するといった事態になった場合は、哺乳期の動物の授乳を中止するようにしてできるだけ副作用が発生しないように工夫して下さい。
この様に強心薬として知られているセーフハートチュアブルではありますが、重度の心不全の場合には安全性が確立されていないのでその場合は獣医の元で適切な治療を受ける様にしてください

ページのトップへ戻る
ログインする