イリウム・ネオコートクリーム50gは、即効・有効性に優れており、皮膚炎による、皮膚の痒みや赤みなどを改善します。

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  アトピー・炎症  >  イリウム・ネオコートクリーム50g

イリウム・ネオコートクリーム50g

犬、猫、牛、馬など動物の痒み赤みを緩和する皮膚炎のお薬です。
Share |
イリウム・ネオコートクリーム50g商品画像 
製造元 Troy Laboratories Pty Limited
主成分 ネオマイシン5g
ヒドロコルチゾン5g
リドカイン20g
内容量 1本/50g
関連薬 ザイマックススキンクリーム(ヒドロコルチゾン入り)アンチバイオティックローション犬猫用50ml
分類 アトピー・炎症
  • イリウム・ネオコートクリーム50g 詳細
  • 用法用量・副作用
  • 注意点

犬・猫を始め動物用として使用でき、炎症対策、痒み止めとして用いることのできる即効性に優れているクリームです。

イリウム・ネオコートクリームの有効成分である「ネオマイシン」が細菌の増殖を抑制し、「ヒドロコルチゾン」が、炎症やかゆみを抑制し、麻酔成分である「リドカイン」が配合されております。
さらに、即効性にも優れ、皮膚炎などを緩和させることが可能です。

◎皮膚病とは?◎
●皮膚の基本構造が崩れて、ストレスやアレルギーなどによって皮膚を守る機能が低下してしまう事により発症してしまいます。(内的要因+外的要因で発症の可能性がある。)
皮膚病がが発症してしまうと、「舐める」「掻く」「噛む」などをするようになり、更に病状が悪化し、複雑になります。
内的要因:脂漏性体質、過敏症、アトピー体質、栄養障害、消化器疾患、ホルモン疾患
外的要因:体質に合わない食事、シャンプーの洗い残し、外部寄生虫

下記症状が現れたら要注意!
皮膚が赤い
身体を掻くこ事が多い
毛艶が悪く、毛がまとまって抜ける
肌が弱い
指の間を舐めたり噛んだりする

予防とケア
●強い皮膚を保ち健康であること。
●清潔な生活環境を保ち、ストレスをかけないこと。
●食生活の見直し。

◎イリウム・ネオコートクリーム50g 用法用量◎
●一日2回に分けて患部にクリームを薄くのばして、塗布した部分をマッサージする形で塗っていきます。
最大14日間まで治療するまで塗り続け、完全に患部が回復して治療された場合には使用を止めます。14日間以降の使用の場合は、獣医師に相談することを要します。
●原則として処方を受けた獣医師に従って使用を行い、使用の途中で動物の動作や患部に異常を発生した場合には直ちに使用を止め、獣医師に相談します。

◎イリウム・ネオコートクリーム50g副作用◎
●長期使用状態となると皮膚萎縮などの副作用の発生があるため、必ず14日間以内を守る様にします。

◎イリウム・ネオコートクリーム50g 注意点◎
●塗布する場合には出来る限り余分な被毛を除去した状態で用います。また患部は頻繁にかきむしったことで、皮膚が崩れて剥がれた状態になっているケースが多いため、その皮膚の断片などを出来る限り取り除いた状態で使用します。
●皮膚の断片などが付着した状態で塗布しても効果がない他、さらにかゆみが生じてしまい、悪化させてしまうこともあります。
●その他には用法用量を守って用いることも大事で、つけ過ぎや一日に何度も塗布することは避けます。
●また細菌により化膿している場合には、それを使用しないように注意を要します。動物が誤って飲み込んだ場合には、直ちに獣医師による診察を受けることも必要で、子供や動物などが手に届かない場所に保管することも重要となります。
●効果・特徴も皮膚炎対策ですが、塗布するとかゆみ止めの効果として動物の患部を掻く行動が徐々に少なくなっていく状態が見られます。また徐々に赤みなどもひいてくるため、それによって改善している状態を目にすることが可能です。

ページのトップへ戻る
ログインする