犬用鎮痛剤『メタカム』の個人輸入代行

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  ペットの鎮痛剤  >  メタカム(犬用の鎮痛剤)

メタカム(犬用の鎮痛剤)

メロキシカムを成分とする犬の変形性関節症や変形性脊椎症などの痛みを抑える非ステロイド性抗炎症薬。
Share |
メタカム(犬用の鎮痛剤)商品画像 
製品名 MetacamForDog
製造元 Boehringer Ingelheim
主成分 メロキシカム1.5mg
内容量 10ml
付属品 計量シリンジ
関連薬 メロネックス1.5mg
Loxicom 犬用
分類 ペットの鎮痛剤
  • メタカム 詳細
  • メタカム 用法用量

犬用の抗炎症経口溶液。おもに変形性脊椎症や変形性関節症などに伴う痛みの抑制用いられます。

犬の写真メタカムとは、メロキシカムを成分とする犬の変形性関節症や変形性脊椎症などからの痛みを抑えるために使われる非ステロイド性抗炎症薬のことです。
メロキシカムを成分とするメタカムには、犬の変形性関節症や変形性脊椎症の根本的治療の効果はありませんが、痛みを抑制することで症状のコントロールを効果的に行うことができます。

犬用の薬剤メタカムの成分であるメロキシカムは、プロスタグランジンという炎症時に発生する痛みの原因となる物質の阻害作用を強く持っています。
その一方で、犬用の薬剤メタカムの成分であるメロキシカムは、他の薬に比べて血小板凝集の抑制や胃粘膜の保護に腎血流の増加のような生理機能の恒常性を持続させる働きをするプロスタグランジンの阻害効果が弱いため、他の非ステロイド性抗炎症薬にみられる胃腸管の障害が起こりにくくなります。

犬用の薬剤メタカムは、基本的には獣医師の指示に従って使用量や使用期間にて行うようにしてください。

◎犬用鎮痛剤 メタカムの用法用量◎
●使用開始時:体重1kgに対して4滴である0.2mgもしくは、維持療法として使用される量の倍の量を投与するようにします。

●維持療法の場合:体重1kgに対して2滴である0.1mgもしくは維持療法にて獣医師から指示された量の投与を行います。
そして、メロキシカムを成分とする犬用の薬剤メタカムの使用を開始してから10日間以上経過した後に症状の改善がみられない場合には、獣医師への相談をするようにしてください。

◎注意事項◎
●服用する期間は症状や体重によって異なります。必ず獣医師の指示により使用してください。
●小児の手の届かないところに保管してください。
6ヶ月齢未満および体重2kg未満の犬、妊娠期間中および授乳期間中の犬への使用の安全性は確認されておりません。

          
ページのトップへ戻る
ログインする