犬・猫の軽い便秘や毛球症に!『ラクサペットジェル』の個人輸入代行

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  その他ペットケア  >  ラクサペットジェル
ペットのお薬 TOPページ  >  サプリメント  >  健康サポート  >  ラクサペットジェル

ラクサペットジェル

軽い便秘や飲み込んだ毛玉の除去に!猫だけでなく犬にも使える下剤です。食べやすいキャラメル風味のジェル。
  • ラクサペットジェル(犬・猫用の下剤) 特徴
  • ラクサペットジェル(犬・猫用の下剤) 用法用量

ラクサペットジェルは、猫だけでなく犬にも使える下剤です。軽い便秘や飲み込んだ毛玉の除去に。

ラクサペットジェルは、犬・猫用の軽い下剤です。キャラメル風味のジェルで、食べるタイプのお薬です。
便秘改善のための下剤として用いたり、毛球症の予防・改善にお使い頂けます。

◎毛球症とは?◎
別名「胃内異物」「異物性通過障害」と呼ばれる病気で、毛球症は猫特有の病気です。
毛づくろいなどで飲み込んだ毛同士が胃や腸の中で絡み合って毛玉(ヘアボール)となって問題を起こします。

愛猫は元気そうなのに食欲が無く、吐き気があり便秘気味でうんちが出ない。
これは毛球症の症状で、そのままにしておくと便秘や下痢、吐き気が止まらないほど症状が悪化していきます。
最悪の場合は手術で体内の毛球を取り出さないといけなくなることもありますので、猫を飼っている方は日頃から注意しておかなければなりません。

毛球症を防ぐためにも、ブラッシングは小まめに行ってあげましょう。
また、猫はストレスがたまると毛繕い(グルーミング)の頻度が増える傾向にあります。

◎ペットの便秘◎
ペットも便秘になる事があります。
食べ物や生活環境でも便秘になりますが、病気を原因とした便秘の可能性もあります。
ペットが便秘になった際は、ただの便秘と捉えないようにしてください。

犬は繊維質の多い食べ物を与え続けると、便がかたくなり便秘になることがありますので注意が必要です。神経質な犬は、ストレスでも便秘になることがあります。
お家で出来る犬の便秘の予防策としては、ストレスのない環境づくりや、肛門周辺の毛を清潔にしてあげることです。
適度なブラッシングや、被毛が伸びすぎないようにトリミングをしてあげて下さい。

猫が硬くて黒い便をだした場合は、病気が原因の可能性があります。
柔らかい便に血液が混じっている症状は、大腸炎の可能性が非常に高いと言えます。
毛が抜ける時期には、大量の毛を飲み込んでしまい、それが便秘の原因になることもあります。ブラッシングは小まめに行ってあげましょう。

ラクサペットジェルはジェルタイプの犬も猫も食べやすいキャラメル風味になっています。
適切な量のジェルを口、もしくは鼻から投与して下さい。
※5gの目安:糸状で10センチ程度の長さ。

◎猫の毛球の除去として使用する場合◎
1日1回、5gを2〜3日間与えて下さい。その後は2.5gを1週間に2〜3回与えて下さい。

◎猫の下剤として使用する場合◎
2.5gを1週間に2〜3回与えて下さい。

◎小型犬の下剤として使用する場合◎
15gを1週間に2〜3回与えて下さい。

◎大型犬の下剤として使用する場合◎
30gを1週間に2〜3回与えて下さい。

◎ラクサペットジェルの成分◎
流動パラフィン 400mg

【ラクサペットジェル注意事項】
●動物用です。
●直射日光を避け、30度以下の部屋で保管してください。
●長期間の投与は避けてください。

ページのトップへ戻る
ログインする