犬に寄生する瓜実条虫や犬回虫、犬鞭虫や犬鉤虫などの寄生虫駆除を効果的に行う薬剤です。

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  駆虫薬(寄生駆除)  >  ドロンタールプラス

ドロンタールプラス

犬用内部寄生虫駆除剤で、犬に寄生する犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫を駆除するお薬です。
Share |
ドロンタールプラス商品画像 
製造元 Bayer社
主成分 プラジクアンテル50mg
パモ酸ピランテル144mg
フェバンテル150mg
内容量 20錠/箱
関連薬 Donfantel
Incide
Prazikare
ウォレックス
分類 駆虫薬(寄生駆除)
  • ドロンタールプラス 詳細
  • ドロンタールプラス 用法用量

1回の使用でも効果大!犬に棲みつく寄生虫を徹底的に駆除します。

ドロンタールプラスは、犬に寄生する瓜実条虫や犬回虫、犬鞭虫や犬鉤虫などの寄生虫駆除を効果的に行う薬剤です。

ドロンタールプラスは、1回の投与で犬回虫などの条虫類や線虫類に対する幅広い寄生虫駆除に効能を発揮します。
犬回虫などの寄生虫駆除のためのドロンタールプラスには、プラジクアンテルという吸虫や条虫の駆除に対する優れた効果を持つ成分と、パモ酸ピランテルフェバンテルという線虫駆除に対して優れた効果を持つ成分が配合されています。

またドロンタールプラスは、未成熟である産卵前の寄生虫に対しても駆除効果の高さを有しています。
ドロンタールプラスは、投薬のための特別な処置が不要のため、飼い主や獣医師の負担を軽減してくれます。

安心してご使用いただける、犬用内部寄生虫駆除剤です。

◎ドロンタールプラスの用量◎
犬回虫などの寄生虫駆除に使用されるドロンタールプラスの使用方法は、直接もしくは餌に混ぜて与えるようにします。投与する前後に犬を空腹にさせることは不要です。

通常1回、以下の量を経口投与します。

0.5kg以上 2.5kg未満 [1/4錠]
2.6kg以上 5.0kg未満 [1/2錠]
5.1kg以上 10.0kg未満 [1錠]
10.1kg以上 20.0kg未満 [2錠]
20.1kg以上 30.0kg未満 [3錠]
30.1kg以上 40.0kg未満 [4錠]

成犬に対する一般的な駆除は3ヶ月ごとの投与となっています。
重度な回虫寄生に対しては前回の投与より14日後にもう一度投与するようにしてください。
そして、子犬に対しての治療は、生後2週めから12週めまでの間は2週間ごとに行うようにしてください。
それ以降は3ヶ月ごとに治療を行います。
メス犬と子犬の治療は同時に治療すると良いようです。

◎ドロンタールプラスの注意事項◎
●服用する期間は症状や体重によって異なります。獣医の指示に従って使用してください。
●子供の手の届かない場所に保管して下さい。
ピペラジンの入った薬と併用すると効果が弱りますので併用しないでください。

ページのトップへ戻る
ログインする