ペット総合用スキンクリーム『ダーミヒールクリーム』の個人輸入代行

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  アトピー・炎症  >  ダーミヒールクリーム

ダーミヒールクリーム

ペットの皮膚病、真菌感染症や掻痒等に用いられる、総合的なペット用スキンクリームです。
Share |
ダーミヒールクリーム商品画像 
製品名 DermihealCream
製造元 Health-Kare Pharma
主成分 硝酸ミコナゾールIP2%w/w、シプロフロキサシン塩酸IP0.1%w/w、プロピオン酸クロベタゾールBP0.025%w
内容量 25g
分類 アトピー・炎症
  • ダーミヒールクリーム 特徴
  • ダーミヒールクリーム 用法用量

イダーミヒールクリームは皮膚病や真菌感染症、掻痒などから愛犬の肌を守り、皮膚のバリア効果を高める効果があります。

犬の画像ダーミヒールクリームは含まれる有効成分から皮膚のバリア効果を高める効果があります。
これにより皮膚病や真菌感染症、掻痒などの病から愛犬の肌を防御する手助けをしてくれます。

ペットの皮膚病、真菌感染症、掻痒に効果の高いダーミヒールクリームは、有効成分として硝酸ミコナゾールや塩酸シプロフロキサシン、プロピオン酸クロベタゾールを含んでいます。
これらのダーミヒールに含まれる有効成分が、ペットの皮膚で増える細菌の増殖を防ぎ、皮膚病や真菌感染症、掻痒などの症状を緩和します。
また、有効成分がペットの皮膚自体が本来持っているバリア機能を高めることから、愛犬の皮膚病を治す手助けをしてくれるのです。

◇犬の皮膚はとってもデリケート!
犬も人間と同じく、皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層で構成されています。
体のいちばん表面にある表皮が、外の刺激から体を守るバリアになりますが、実は犬の表皮は人に比べるととても薄いのです。
だから、刺激や乾燥に弱く、皮膚トラブルを起こしやすいと考えられます。
健康な皮膚を保つため、また雑菌やカビ(真菌)など皮膚トラブルの原因となる様々な敵から肌を守るために一番大切なのは抵抗力のある皮膚バリアを作っておくことが大切です。
正常なバリア機能のある、健康な皮膚をつくるためには、適切な栄養補給が大切です。

◎ダーミヒールクリーム 使用方法◎
1日2回適量を皮膚に塗り広げるだけです。
気軽にペットの皮膚のバリア機能を高められるということで人気が高いです。

◎ダーミヒールクリーム 注意事項◎
●ペットの皮膚病や真菌感染症、掻痒などに使用されるダーミヒールクリームを子供が間違って食べてしまうことなどがあってはいけませんから、子供の手の届かない所へ置くようにしましょう。
●またダーミヒールクリームが皮膚病や真菌感染症、掻痒に対して効果が見られない場合、効果はあっても皮膚に別の異常が見られた場合などは直ちに使用を中止し、獣医師の判断を仰いでください。
ペットは痛いなどと口に出せないので、症状に早く気づけるよう飼い主が眼を見張る必要があります。

ページのトップへ戻る
ログインする