関節炎、慢性炎症、関節異形成などの痛みや炎症を抑えます。また、解熱剤としても使用できます。- カルプロフェン50mg(関節炎・鎮痛剤)の通販

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  ペットの鎮痛剤  >  カルプロフェン(カルプロヒール)50mg

カルプロフェン(カルプロヒール)50mg

犬専用の痛み止めで、痛みや炎症を抑える作用があります。解熱剤としても効果的です。
Share |
カルプロフェン(カルプロヒール)50mg商品画像 
製品名 Carpro heal
製造元 Health Kare Pharma
主成分 カルプロフェン50mg
内容量 10錠(1箱)
関連薬 ドロカルプ
リマダイル25mg チュアブル
リマダイル75mg チュアブル
リマダイル100mg チュアブル
リマダイルジェネリック20mg
分類 ペットの鎮痛剤
  • カルプロフェン50mg 詳細
  • カルプロフェン50mg 用法用量

アリルプロピオン酸に分類される犬用の非ステロイド系消炎鎮痛剤(骨関節炎鎮痛剤)です。

カルプロフェン(カルプロフィール)は、ファイザー製薬のリマダイル(Rymadyl)のジェネリック製品です。
アリルプロピオン酸に分類される犬専用の非ステロイド系消炎鎮痛剤(骨関節炎鎮痛剤)です。

カルプロフェン(カルプロフィール)は、犬専用の痛み止めとして、関節炎、慢性炎症、変形性関節症、関節異形成などの主に関節系の病気に効果的で、痛みを和らげてくれます。
また、解熱剤としても効果的です。

カルプロフェン(カルプロフィール)は、COX-2(炎症や痛みを引き起こす物質の生成を加速する酵素)の生産を阻害することによって、痛みや炎症を抑える作用があります。

尚、カルプロフェン(カルプロフィール)の作用は、COX-2の生産を防ぐことによって働くため、通常の胃腸や腎臓機能のために必要になるCOX-1(胃の内壁と腎臓の健康に重要なプロスタグランジ[血管や皮膚の機能、関節の回復などに関わる物質]を整える酵素)の働きを阻害することはありません。

カルプロフェン(カルプロフィール)は、副作用が少なく長期間にわたっての投与が認められ、慢性的な関節の痛みを効果的にコントロールすることができる薬とされています。

◎犬の関節炎◎
犬の慢性的な痛みを引き起こす原因の多くは関節炎と言われています。
関節炎は放置しておくとどんどん症状が進行し、悪化していきます。
痛みを緩和しながら適切なケアを行うことにより、病態の進行を抑制し、症状を改善してあげることが必要です。

◎犬用鎮痛剤 カルプロフェン(カルプロフィール)が使用される疾病例◎
●慢性関節炎
●腹腔内腫瘍、胸腔内腫瘍、骨転移などの癌性疼痛
●急性整形外科疾患
●椎間板ヘルニア
●術後疼痛管理

◎犬用鎮痛剤 カルプロフェン(カルプロフィール)の用法用量◎
体重1kg当たりカルプロフェン4.4mgを1日量として、1日1回もしくは2回に分けて経口投与してください。2回に分けて与える場合、1回毎の使用量が同量になるように分割してください。
※必ず獣医師の指示に従ってください。

◎犬用鎮痛剤 カルプロフェン(カルプロフィール)の副作用◎
稀に、炎症性腸疾患、胃腸や腎臓への影響、肝細胞性損傷が見られる場合があります。

◎ペットへの注意事項◎
●使用前に健康状態を獣医師に相談してください。
●この製品は犬専用薬です。
●体重2kg未満の犬ならびに生後6週齢未満の犬、及び老犬には投与しないでください。
●妊娠中、授乳中の犬には投与しないでください。
●腎毒性薬との併用は避けてください。
●非ステロイド系抗炎症剤及びステロイド系抗炎症剤と併用しないでください。
●持病をもっているペットの場合、使用前に獣医師へご相談ください。
●他の薬剤と併用する際には、獣医師に相談してください。
●投与期間中は犬の状態を観察し、異常が見られた場合は投薬を中止してください。
●投与中は14日ごとに獣医師の診断を受けさせ、獣医師の処方に従ってください。

◎投与者に対する注意◎
●小児の手の届かないところに保管してください。
●涼しい場所に保管してください。

ページのトップへ戻る
ログインする