リマダイルジェネリック100mg

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  ペットの鎮痛剤  >  リマダイルジェネリック100mg

リマダイルジェネリック100mg

慢性関節炎や進行性関節炎の犬に広く使用されているカロプロフェンのお薬です。
  • リマダイルジェネリック100mg 特徴
  • リマダイルジェネリック100mg 用法用量

リマダイルジェネリック100mgは、犬の関節病のためのお薬で、慢性関節炎などへ使用されます。

リマダイルジェネリック100mgは、「リマダイル」というお薬と同成分の「カルプロフェン」を含みます。
また、愛犬が口にしやすいビーフ味となっています。

この「カルプロフェン」の作用ですが、COX-2の生産を防ぐことによって働くため、通常の胃腸や腎臓機能のために必要になるCOX-1の働きを阻害することはありません。
COX-2/COX-1をバランス良く阻害する優れた安全性や、休薬期間なく長期投与が可能という特徴があります。

≪犬の関節炎とは?≫
犬の関節炎はとてもつらい病気です。
関節の軟骨部分に障害がおこり、その進行・悪化が進んでしまうと慢性的な痛みが生じます。
肥満犬や、老犬に多くみられます。
骨関節炎は、早期発見・治療がとても重要です。
食事管理、運動制限、お薬をバランスよく組み合わせてワンちゃんの負担を軽減しましょう。

【リマダイルジェネリック100mg 用法用量】
使用開始量として体重1kgにつき2-4mgを1日1回、または2回に分割して経口投与します。
※分割投与の場合は、それぞれの投与量が等しくなるように分割してください。
※使用開始から7日以降は、症状に応じて投与量を体重1kgにつき2mgに減量し、1日1回投与することも可能です。
※長期的に使用する場合は、定期的に獣医師による診断を受けるようにしてください。

【リマダイルジェネリック100mg 注意事項】
●肝あるいは腎に障害のある犬には極力投与を避けること。
●出血傾向のある犬には極力投与を避けること。
●犬以外の動物には投与しないこと。
●体重2kg未満の犬には投与しないこと。
●妊娠中及び授乳中の犬には投与しないこと。
●本剤の使用に際しては、獣医師が14日ごとに診察し、その結果に基づいて処方日数を決めること。

【リマダイルジェネリック100mg 副作用】
●本剤の投与により、ときに黒色便あるいは血様便が認められることがある。
●本剤の投与により、ときに一過性の食欲減退、元気消失、嘔吐及び下痢が見られることがある。
●投薬期間中は犬の状態を観察し、もし異常が見られたら投薬を中止すること。
●本剤の投与により、副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。

ページのトップへ戻る
ログインする