マラセブシャンプージェネリックの海外通販

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  ペットシャンプー  >  マラセブシャンプージェネリック(犬・猫用)
ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  アトピー・炎症  >  マラセブシャンプージェネリック(犬・猫用)

マラセブシャンプージェネリック(犬・猫用)

マラセブシャンプーのジェネリック品です。有名なシプラ社の製品で、ペットの皮膚の痒み・炎症に効果的なシャンプーです。
Share |
マラセブシャンプージェネリック(犬・猫用)商品画像 
製造元 Cipla
製品名 BactrofreeShampoo
日本名 マラセブシャンプージェネリック
内容量 200ml
成分 クロルヘキシジングルコン酸塩
硝酸ミコナゾール
関連薬 マラセブ シャンプー(犬・猫用)
メディダームシャンプー犬用200ml
分類 ペットシャンプー / アトピー・炎症
  • マラセブシャンプージェネリック 特徴
  • マラセブシャンプージェネリックの使用方法

マラセブシャンプーのジェネリック!有名なシプラ社の製品で、マラセチアによるペットの皮膚の痒み・炎症に効果的なシャンプーです。

マラセブシャンプーと同成分のジェネリック商品。有名なCipla社の製品です。
マラセブシャンプーとは、マラセチアによる皮膚の痒みや炎症に効果的なシャンプーです。

◇マラセチアが引き起こす皮膚炎とは?
カビ(真菌)の一種であるマラセチアは、犬や猫の皮膚にすんでいます。
健康な皮膚の場合、マラセチアがいるだけでは問題になることは少ないのですが、皮脂の分泌が増えてしまったり、アトピーや皮膚炎により 抵抗力が落ちてしまった場合、マラセチアが増加してしまい、皮膚炎を悪化させます。
とくに、皮脂分を好むマラセチアは、内股や、耳、おなか、わき、指の間、肛門周囲やあごの下など、皮脂のたまりやすい部位に増殖する傾向があります。
マラセチアが原因で起こる皮膚炎の特徴は、強い赤みと痒みです。

マラセチアが原因で起こる皮膚炎が悪化する前には、まずは過剰に分泌されてしまった皮脂を取り除き、増えすぎたマラセチア菌を除去します。
マラセブシャンプージェは<ミコナゾール硝酸塩><クロルヘキシジングルコン酸塩>を配合。
マラセチア菌とスタフィロコッカス菌を殺し、余分な皮脂分や汚れを洗い流すので、ペットの皮膚を清潔に健康に保つことが可能なのです。

◇使用方法
【1】ペットの被毛を水かお湯でしっかりと濡らします。痒みが強い場合は、なるべく低めの温度がおすすめです。被毛が密であったり、毛の長いペットには特にしっかりと時間をかけてたっぷり濡らしてください。

【2】シャンプーを泡立て、症状の重い部分から順にやさしく馴染ませます。目に入らないように気をつけてください。
(※全身の洗浄が難しい場合、マラセチアが繁殖しやすい部位を洗うだけでも効果的です。)

【3】効果を正しく発揮させるため、シャンプーの泡を皮膚に残したまま10分間待ちます。
この間、くれぐれもペットが泡を舐めたり吸い込まないように注意してください。
(胃腸や呼吸器官に炎症を起こす場合があります。)

【4】10分経過後、水またはお湯で泡がなくなるまでていねいに洗い流してください。(約5〜10分間)
タオルでやさしくしっかりと水分を拭き取り、乾燥させてください。

◇使用上のご注意
・獣医師にご相談の上ご使用ください。
・クロルヘキシジン製剤又はミコナゾール製剤に対して過敏症の既往歴のあるペットには使用しないでください。
・生後3ヶ月齢未満のペットには使用しないでください。
・粘膜面及び耳、眼には使用しないでください。
・妊娠中又は授乳中のペットには使用しないでください。
・本剤の使用により発疹等の副作用が認められた場合には、速やかに使用を中止し、獣医師の診察を受けてください。
・2週間使用しても症状の改善が見られない場合には獣医師に相談してください。
・直射日光、および高温多湿の場所を避けて保存してください。

ページのトップへ戻る
ログインする