猫用アトピカ内用液17mlは猫のアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患や自己免疫症疾患の免疫抑制剤です。 - 猫用アトピカ(猫用のアトピー治療薬)の通販

安心安全のセキュリティー!

★人気のフィラリア予防薬はこちら★★アクアティアーズ点眼液★★犬のアトピー治療薬アトピカ★★抗菌剤バイトリル★外耳炎薬 オトマックス★

ペットのお薬 TOPページ  >  その他のお薬  >  アトピー・炎症  >  猫用アトピカ内用液17ml

猫用アトピカ内用液17ml

猫用アトピカ内用液17mlはシクロスポリンを有効成分とする猫のアトピー治療薬です。
Share |
猫用アトピカ内用液17ml商品画像 
製造元 NOVARTIS
主成分 シクロスポリン100mg/ml
内容量 1箱/17ml
分類 アトピー・炎症
  • 猫用アトピカ内用液17ml 詳細
  • 猫用アトピカ内用液17ml 使用上のご注意

猫用アトピカ内用液17mlは猫のアレルギー性皮膚炎の治療に用いられるお薬です。皮膚の痒みや発疹、脱毛といった様々なアトピーの症状を改善し、長期的に維持します。

猫の画像猫も人間と同じようにアトピー性皮膚炎を引き起こします。
アトピー性皮膚炎になると、やらと耳の後ろや首をかゆがり、ずっと掻いたり舐めたりする行動を見せます。
さらに、痒い部分を爪でかいたり舌で舐めたりすることにより、皮膚炎が悪化してしまう恐れもあります。
その、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因として、花粉や家の中のハウスダストなどの物質がアレルゲンとなり、それが皮膚に付着したり吸引してしまうことで 起こってしまいます。
猫の場合は、アレルゲンの特定が難しいとされています。アトピー性皮膚炎によるかゆみなどの症状を緩和する方法として光抗炎症剤または抗アレルギー剤などを投与する方法が一般的です。
その他にも、猫にシャンプーや保湿剤を使用してあげること、飼育環境は常に清潔にするように心がけ、飼い主も十分気をつけてあげてください。

アトピカ内用液17mlは、NOVARTIS社の猫専用のアトピー治療薬です。
抗ヒスタミン剤やステロイド剤とは異なり、長期間にわたって高い効果が得られるという点が高く評価されているお薬です。
有効成分であるシクロポリンは、リンパ球の免疫機能を活性化させる働きを抑えて、抗体生産能力を低下させる作用のある成分です。
この働きは免疫機能の過剰反応を抑制する働きがあり、 その結果として症状の寛解期間を長期的に維持することが可能です。
また、90%以上の猫が好むとされるフレーバーなので、投与が手軽に行なえることも特徴です。

◎猫用アトピカ内用液17mlの用法用量◎
体重1kgに対し有効成分7mg(1ml中100mg )を附属のシリンジで計量し、体重に合わせた量を投与してください。
エサに混ぜて与えるか、直接経口投与させてください。
エサに混ぜる場合は少量のエサに混ぜ、食べ切れるように空腹時に与えてください。
シリンジを用いて経口投与する場合、シリンジを直接猫の口に挿しこみ、適量すべてを投与してください。
※使用する際は、必ず掛かり付けの獣医師の指導の下ご使用下さい。

◎注意事項◎
●猫用アトピカ内用液は要指示医薬品のため、獣医師の指示により使用するようにしてください。
●定められた用法・用量を厳守してください。
●症状の改善は通常4週間から6週間で見られますが、4週間を経過しても改善が見られない場合には、使用を中止してください。
●猫用アトピカ内用液は免疫抑制剤ですので、使用により免疫機能が損なわれる可能性があります。慎重に使用してください。
●使用前には血液検査にて肝臓などの機能の検査をし、必要に応じて本剤の血中濃度のモニターを行うこと。
●獣医師の診断なしに使用しないでください。
●小児の手の届かないところに保管してください。
●カプセルを砕くことや割ることはしないでください。

◎ペットに対する注意事項◎
・当商品は猫用医薬品です。
・6ヶ月齢未満の猫には使用しないでください。
・食物によるアレルギーには使用しないでください。
・季節性のアトピー性皮膚炎には使用しないでください。
・猫用アトピカ内用液を投与中のワクチン接種は、生ワクチンは禁忌です。不活化ワクチンは免疫応答が阻害される可能性があるため、慎重に接種してください。

ページのトップへ戻る
ログインする